2017年11月9日木曜日

おひらかふぇ -健康食品の話-

テレビを付ければ出てくる人が皆笑顔のCMが次から次へ、雑誌を開けば広告どっさり、
Webでお気に入りのサイトを見るとアフィリエイトぺたぺた。
新聞に全面広告どーん!、カード会社からのメールを開けばそこにもまた広告。
いつの間にか私たちの生活の周りに溢れかえる いわゆる「健康食品」の情報。

・トクホと機能性表示食品、どこが違うの?
・健康食品の宣伝してる「健康」てなんだろう?
・健康食品に入ってるモノってなに?
・健康食品が原因で健康を害することってないの?

さて!えるかふぇの出番です。
あなたのどんな些細な疑問でもドンドン聞いてしまいましょう!

◆日時:2017年11月25日(土) 10:30~12:30(開場10:30)
◆講師:小比良 和威 (おひら・かずたけ @ohira_y)    
    食品関連の仕事に従事
◆場所:リハビリセンターあしすと
 荒川区東日暮里1-16-1モンシェール三ノ輪1B
 アクセス:地下鉄日比谷線三ノ輪駅 徒歩3分
◆会費:1000円
◆定員:10名(申込先着順)

お申し込み開始は11月9日21:00から
お申し込みはこちら

聞いてみたいこと、疑問・質問ありませんか?
えるかふぇのTwitterアカウントもしくはメールアドレスにどうぞ!
ダウンロード用チラシ

2 件のコメント:

  1. 漢方薬は長くのみ続けなければ効かないというお考えがありますが、そうではありません。「体質改善」に使う薬の多くはそうですが、中には直ぐに効果を示す薬もあります。
    漢方治療では、体質と病気の進み具合(「証」と言います)を考慮して薬を処方します。西洋薬と同様に病名だけで使えるものもありますが、多くは「証」に合わせて投与することになります。
    そのため、副作用は現れにくくなっています。また、妊娠中でも安心して使える薬もあります。
    西洋医学と東洋医学にはそれぞれ長所・短所がありますが、それを踏まえて上手に使い分けていくことができます。
    例えば、野生黒霊芝(レイシ)を聞いたことがあるでしょうか。それでは、この破壁霊芝胞子粉 http://www.kanpou.cn/goods-928.html というものを聞いたことがあるのですか。
    破壁霊芝胞子粉とは身体への吸収をよくするため、胞子の外殻を細かく砕く「破壁」という最新の技術で作られたもので主成分の霊芝胞子は霊芝のエッセンスと言われ、霊芝が成熟するころ菌傘に現れる褐色の粉末のことです。
    また、単独の黒霊芝(レイシ)あるいは破壁霊芝胞子粉は薬品として治療することは少ないです。通常は食べ物として療養保健に用いられることもあるので、漢方には「食療」ということです。処方薬(色々な漢方生薬が一緒に使用する)しか薬品として治療していないのです。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。

      https://hfnet.nibiohn.go.jp/contents/detail54.html
      ご紹介頂いた霊芝は日本の法規・制度的に
      ”レイシ (マンネンタケ/ロッカクレイシ) 子実体は「医薬品的効果効能を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料) 」に区分される”
      なのでご指摘通り薬品ではありませから当然治療も出来ませんね。

      現代ではRCTやメタ分析など多様な方法で第三者にその効能を証明することが西洋医学、東洋医学などの狭い分野分けに拘らず求められていると考えています。

      えるかふぇではこれからも健康や生活を守る為に何を知れば良いのかを考え活動していきたいと思います。

      削除